大江戸骨董市に出店しました。楽しい国際的な蚤の市。


2017年9月の大江戸骨董市 in  東京国際フォーラムにmaltoが出店。

大江戸骨董市

秋晴れの9月の丁度良い季節はまさに蚤の市日和!

今回ずっと気になっていてた「大江戸骨董市」に初出店することになりました。

日本最大級の骨董市「大江戸骨董市」。東京国際フォーラムと代々木公園で開催されています。

江戸開府400年を記念して2003年から毎年開催され、大勢の人で賑わい大人気となっています。

アンティーク品は東京国際フォーラムの方が充実していて、アンティーク好きなお客さんが多く集まるとの事なので、今回はまず東京国際フォーラムでの出店を決めました。

 

【大江戸骨董市 in 東京国際フォーラム】


開催場所
:東京国際フォーラム地上広場

東京都千代田区丸の内3-5-1

最寄駅:JR有楽町駅

開催日毎月第1・第3日曜日

会場の都合で変更になる場合があります

開催時間:9:00~16:00

天候により変更になる場合があります

出店数:約250店舗

 

朝の5時に起きて、前日に車に積んだアンティークを乗せて会場に向かいます。(眠いです。。)
搬入時間は朝の7時。日曜早朝の東京の道路はものすごく空いてて6時半に到着。
コーヒーを飲んで待つことに。

7時に会場に入ると、すでにブースを作り始めている出店者が沢山いました。
8時頃にはmaltoのお店も無事に完成。
アンティークはシルバープレートのテーブルウェアと、陶器の食器を販売。
あとmaltoで人気の不思議な雑貨たちも少し持ってきました^^

 

maltoの出店ブース 車一台分ギリギリまで活用しました。

アンティーク蚤の市malto
アンティーク蚤の市malto大江戸骨董市

かわいい雑貨があるだけでピースフルな雰囲気になると思いませんか^^?
女子2人でせっせと並べました。

木箱の上にアンティークのドアを置いてテーブル代わりにしています。
意外と使いやすくて便利。商品は木箱の中に収納もできますしね。

 

アンティーク蚤の市malto2
アンティーク蚤の市maltoシルバーウェア

アンティークのシルバープレートテーブルウェアは前日にシンデレラのようにピカピカに磨き上げました。
輝きが眩しい!接客しながら、まだまだ磨きます。腕が腱鞘炎になりかけましたぁ。

maltoのシルバーテーブルウェアは好評で、多くのお客様からリーズナブルで買いやすい!と言われてとても嬉しかったです。
現地で頑張って良いアンティークを買い付けた甲斐があります。

今回は蚤の市価格でいつもよりお安く販売させていただきました。

お客さん達とアンティークの話で盛り上がるのも楽しいですね^^

今回はmalto高円寺店やオンラインショップの常連様もご来場いただいて、嬉しかったです。
いつもありがとうございます!これからも素敵なアンティークをご紹介できるようがんばります~

 

アンティーク蚤の市malto食器
アンティーク蚤の市malto食器

 

食器は1800年代初期~1890年代の主に「MAISON(メイソン)」の器を販売。
オリエンタルな絵柄ですが、デザイン・製作全てイギリス国内で行われたシリーズです。
ノスタルジックな雰囲気がインテリアのアクセントに。
昔のイギリスではとても人気のシリーズで、絵画のように壁に掛けて飾られたようです。

 

9時からスタートのはずが、8時頃からお客さんが来てくれたり。皆さん商品を見る目が真剣そのものです。

何やら後ろの和骨董ブースでは物凄い人だかりが。
後で聞いたのですが、すでに午前中で商品が完売したそうです。
プロのバイヤーたちが全国から買い付けにも来るようで、かなりお得な掘り出し物アンティークに出会えるのは本当だったようです。

 

大江戸骨董市
大江戸骨董市イギリスのお店

 

左隣ではイギリスの可愛らしいティーカップなどを販売しているダンディなおじさまが。
1年前から出店を初め、今日で5回目のよう。田園調布でアンティークショップを経営しているようです。

トイレに行く際に「ちょっと商品見張ってて」とお願いされたり^^イギリスの蚤の市と同じで、アンティークディーラーは助け合います。

 

 

北欧食器
北欧食器
北欧食器
北欧食器

 

右隣の北欧食器のお店。フィンランドへ買い付けているようです。
なかなか良いアンティークを持っていました。個人的に欲しい。。
3時頃には片付け始めていたので、結構売ったのでしょうか。

 

和骨董
和骨董
和骨董2
和骨董

 

和のアンティーク小物たちのお店。薬瓶が小さくて可愛い。
昔の文房具も味わいがあって、見ているだけで面白かったです。

大正~昭和の古道具にはシンプルな機能美を追及したデザインが多い印象。

 

和骨董
和骨董
陶器の箸置き
陶器の箸置き

 

多治見から販売に来ている和食器のお店。
主に古い陶器メーカーのデットストック(未使用在庫)を買い付けて販売しているようです。
なので定価よりもずっと安く、昭和初期のちょっとレトロなデザインの掘り出し物がゲットできます。
陶器の犬の箸置きはなんと100円!絵付けのハンドメイドです。

このお店は常にすごい人だかりで繁盛していました。

 

全体的に出店者の商品セレクトのセンスが良く、和骨董だけでなくイギリス、フランス、北欧のアンティークも充実した、とても楽しめる骨董市だと思いました。
古着や作家さんのハンドメイドアイテムもあり、ついつい仕事を忘れて他の商品が気になってしまうほどです^^

しかも蚤の市価格のためとても手が出しやすいのが嬉しい。
掘り出し物をゲットできた時は最高の気分になります。
銀座からほど近く、歩行者天国のウィンドウショッピングついでに気軽に楽しめるイベントです。

maltoは21017年10月29日(日)の大江戸骨董市に出店も予定しております。
(東京国際フォーラム 9時~17時)

ぜひ沢山のお客さんのご来場をお待ちしております♪

 

maltoのアンティークはこちらで通販しております→

タグ: