イギリスの買付は朝日が昇る前に
2024年アンティーク買付ブログ1

イギリスの買付は朝日が昇る前に

イギリスの朝

この冬のイギリス買付出張。

月がまだ出ています..冬のイギリスの朝はまるで夜のようです。

フランスアンティーク小物

フランスのアンティーク小物屋さん。

店主はイギリス人ですが、頻繁にフランスに渡ってアンティークを買い付けているようです。

ロココ、ゴシックが感じられる19世紀の小物が中心にあります。

価格はフランスで直接買付けるよりも50%~80%ほど割高ですが、まとめてセンスの良い小物が手に入るのでいつもお世話になっています^^

イギリスアンティーク

9時になってようやく明るくなった蚤の市会場。

イギリスがEU離脱してからフランスやオランダからやってくるアンティークディーラーがかなり減りました。

ヨーロッパで開催される蚤の市は早朝6時~昼頃開催です。

ロンドン

買付けたアンティーク家具と小物を倉庫に運び、今日の買付業務は終了。

ロンドン中心部にやってきました。

リバティ
リバティディスプレイ

いつ訪れてもワクワクしてしまうリバティ。ディスプレイの勉強になります。

イギリスパブのビール

パブで少し休憩。イギリスのビールはちょっと苦くて度数が高くてすごく好みの味なんです。

日本のビールは飲みやすいけど少し味が薄くて。ぜひイギリスに来たら本場のビールをパブで味わってみてください!雰囲気も素敵ですよ~

愛猫

時差の関係で日本は今深夜のよう。

家族から送られてきた愛猫きなこの写真が切ないです..私の枕の横で人間のように寝ています。

たぬきみたいな見た目ですが、サビ猫という毛並みの猫です。多摩川の河川敷に3年ほど住んでいた元野良猫さんです。全く野生を感じさせないリラックスさ..

帰国したらモフモフしたいです。

つづく

イギリスの買付は朝日が昇る前に はコメントを受け付けていません

毎年イギリス、フランス、ベルギー、などのヨーロッパ諸国へアンティークを買い付けしています。