「ラオス買付ブログvol.1」ラオスのルアルパパーンへ手刺繍ポーチの買付に

ラオス ルアルパパーンに流れる川

2020年2月初めて訪れる「アジア最後の桃源郷」と呼ばれるラオス

こんにちは。malto買付けスタッフのショコラです。久しぶりの海外買付に来てます。

ここはずっと昔から訪れたかったラオスの第二の都市ルアルパパーン。ラオスってどこ?と思う方が多いと思います。

確かにタイやベトナムほどメジャーな東南アジア国ではないし、何が名物なのかピンときませんよね。

そのピンとこないことが、未知の国の特徴みたいなもので、ラオスは欧米の旅人に「今一番訪れたい国NO.1」に選ばれるほど人気が高まっておりアジア最後の桃源郷と呼ばれる魅力ある都市なのです。

昔はのどかだったバリ島も今では都会になりすぎて神秘的ではなくなってしまい、出張で訪れる度に少し残念に思うショコラでしたが、ラオスはまさに50年前の観光地化される以前のバリ島といった感じでした。

ラオスの地理は西にタイ、東にベトナムがありちょうどその2国に挟まれた位置にあり、海に面していない代わりに壮大なメコン川が中央に流れる国です。

言葉はタイに近く、タイ人とラオス人は意思疎通ができるほど似ています。

食べ物もトムヤンクンやパッタイなどタイの家庭料理が多いですね。味付けも日本人の口に合いとても美味しいです。

未知の国ラオスに来た理由

ラオス モン族の手刺繍雑貨

思い立ったが吉日な性格のため、今まで訪れた先で良い出会いがあり、ハプニングもあり、でも助けられたり、全てお店を運営してゆく経験として無駄にならず生きています😄

数年前にネットショップ一目惚れしたラオスの手刺繍雑貨をいつか自分で買い付けたい!と思い、何の知識もツテもないままラオスへ渡航しました(笑)

チケットはスカイスキャナーで最安値だったDeNAトラベルで予約。比較される時代は便利ですが価格破壊が起きてますね。なんと往復4万円でした!

ラオスまでの直行便はないのでベトナムのハノイ乗り継ぎになります。

成田空港からベトナム航空でハノイへ。乗り継ぎ待ちの4時間はカフェでフォーを食べながらPC仕事をして待ち、ラオス国際航空でルアルパパーンに。

ラオス国営航空の飛行機に徒歩で乗り込みます

ラオス国営航空

空港から自分で歩いて飛行機に乗り込みます。日本の空港ではあまりこの方法取らないですね。でもアジアだけでなくヨーロッパの田舎の空港に行くとどこもこんな感じです。

たまに不審者が紛れ込まないかなーと思います。。

あとラオスで唯一の国営航空なのですが、小さくて古い..しかもスタッフがスマホしか見てなくて遊んでる?セキュリティも適当。ちゃんと整備してるのかな。飛ぶのかな。ドキドキ..心拍数が上がります。

ANAやJALに乗ると日本のサービスって世界一だと実感します。日本ではスタンダードなんですけどね。

次回は初めて降り立つルアルパパーンについてご紹介します^^

タグ: