• 新入荷商品通販一覧
  • 再入荷商品通販一覧
  • 人気商品通販一覧
  • 読み物
  • ギフト商品通販一覧

チェスターフィールドソファについて

チェスターフィールドソファ

英国ラウンジスタイルの王道、チェスターフィールドソファ。その姿は誰もがドラマや映画のシーンでも目にしているのではないでしょうか?
イギリス発祥の伝統的なソファで、アンティークインテリアの象徴ともいえる存在です。

 謎につつまれた歴史

イギリスのアンティークソファといえば真っ先に思い浮かべてしまう存在、それがチェスターフィールドソファです。 基本的にはボタン留めのレザーソファであればそれは「チェスターフィールドソファ」と呼べるでしょう。
その名前は製造会社の名前でも、ブランド名でも、当時の王の名前でもありません。そもそも、チェスターフィールドの椅子そのものがどこから来たのか、誰がデザインしたものなのか、未だに解明されていないのです。

チェスターフィールドの定義

チェスターフィールドの名前の由来には諸説あると言われていますが、 その中でも有力なのがフィリップ・チェスターフィールド伯爵が大きく関係しているという説です。

 チェスターフィールド伯爵

フィリップ・チェスターフィールド4世伯爵は外交政治家として18世紀のイギリスで活躍した人物で、 1988年に出版した著書「わが息子よ、君はどう生きるか」は、伝統的な英国紳士として精神的に多くの人々に影響を与えました。

フィリップスタンホープ'

そんな彼が好んで愛用していたというのが革張り・ボタン留めのリラクゼーションチェア。
腰を深く掛けられ、身体を包み込むような背もたれ~アームのつくりは、座ってみるとゆったりとくつろぐことができます。

最も身近に感じるのは「チェスターフィールド」といえば、やっぱりチェスターフィールドコートでしょうか。
英国紳士スタイルには欠かせない、こちらも時代を超える定番のアイテムです。コートに関して、同じ名前ですがこちらはチェスターフィールド"6世"伯爵が好んで愛用したことにちなむそうです。
詳しい血縁関係は不明ですが、同じ名前で200年以上も愛されるスタイルを確立していたなんて、2人はよほどこだわりのある美的センスの持ち主だったのかもしれませんね。