電子レンジとオーブンで使える食器の見分け方の通販サイト | 電子レンジとオーブンで使える食器の見分け方の商品一覧ページ

  • 新入荷商品通販一覧
  • 再入荷商品通販一覧
  • 人気商品通販一覧
  • blog
  • レンタルサービスについて

キッチン雑貨一覧
アンティーク販売ページはこちらから
ヨーロッパから買い付けた
骨董品を販売
アンティーク
インテリア雑貨一覧
DIYパーツ一覧
家具・什器一覧
ガーデン雑貨一覧
ミラー
照明器具
リネン・ファブリック
 

電子レンジ・オーブン・食洗機対応の食器かどうか見分けよう



電子レンジ

本来陶器には耐熱温度が高い特性があります

陶器の食器 3つの要素が陶器の高い耐熱温度を実現
  • ①原料: ケイ酸、アルミナ、石英などの高耐熱鉱物
  • ②結晶構造: 高温で形成される安定した結晶構造
  • ③気孔: 熱膨張を抑制し、ひび割れを防ぐ
  • これらの要素により、陶器は一般的に1200℃~1400℃の耐熱温度を持ち、オーブンや直火での調理に使用できます。 しかし、一部の陶器は電子レンジ等に適さない場合があり、電子レンジ、オーブン、食洗機で食器を使う場合は、それぞれに対応している食器を選ばないと危険が起きる場合があります。こちらのページでは注意点を解説します。



    電子レンジ対応の食器の見分け方

    電子レンジ

    電子レンジはマイクロ波と呼ばれる電磁波を使って食品を加熱します。そのため、電磁波を反射してしまう金属製の食器は使用できません。

    電子レンジ対応の食器を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

  • ◎ OKなもの
  • 陶磁器→基本的にはOK(ただしヒビのあるもの、金属や色絵で装飾されているものはNG)
  • 耐熱ガラス→OK
  • 耐熱プラスチック→OK (耐熱温度140℃以上)
  • 電子レンジ対応のマーク (JISマークなど) があるもの→OK


  • × NGなもの
  • 金属→NG
  • 漆器→NG
  • 木製→NG


  • 電子レンジを禁止している食器を使用した場合に起こることは?

  • 火花や発火
  • 金属製の食器や金箔・銀箔が施された食器は、電子レンジで加熱すると電磁波を反射して火花や発火を引き起こす可能性があります。これは火災の原因となるだけでなく、電子レンジ自体も故障してしまう可能性があります。

  • 破損
  • 耐熱温度が低いプラスチック製の食器や、ひび割れや欠けのある食器は、電子レンジで加熱すると破損する可能性があります。破損した食器の破片は、ケガをする原因となる可能性があります。

  • 有害物質の溶出
  • 一部のプラスチック製の食器は、電子レンジで加熱すると有害物質が溶け出す可能性があります。これらの有害物質は、人体に悪影響を与える可能性があります。






    オーブン対応の食器の見分け方 オーブン

    オーブンは熱風を使って食品を加熱します。そのため、電子レンジ対応の食器でも、耐熱温度が低いものはオーブンで使用できません。

    オーブン対応の食器を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

  • ◎ OKなもの
  • 耐熱性の高い陶磁器→OK
  • 耐熱ガラス→OK
  • アルミ→OK
  • ステンレス→OK
  • ホーロー→OK


  • × NGなもの
  • 漆器→NG
  • 木製品→hNG


  • 表記
  • オーブン対応のマーク (耐熱温度など) がある
  • その他
  • 急激な温度変化に耐えられる


  • 食洗機対応の食器の見分け方 食洗器

    食洗機は高温の水と強い水流で食器を洗います。そのため、水に弱い素材や衝撃に弱い食器は使用できません。

    食洗機対応の食器を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

  • ◎ OKなもの
  • 陶磁器→OK (一部NG)
  • 耐熱ガラス→OK
  • 耐熱プラスチック→OK (一部NG)
  • 食洗機対応のマーク があるもの→OK
  • ホーロー→OK


  • × NGなもの
  • 金属→NG
  • 漆器→NG
  • 木製品→NG


  • 注意点

    電子レンジ、オーブン、食洗機対応の食器であっても、使用上の注意を守らないと破損や変色などの原因になることがあります。メーカーの取扱説明書をよく読んで、正しく使用しましょう。



    電子レンジでよく起こる事故例(国民生活センターより)

    電子レンジ注意1 電子レンジ注意2

    MALTOの食器とキッチン雑貨

    マグカップの画像

    MALTOは、2003年から高円寺のルック商店街にある古民家でお店とオンラインサイトを運営してます。
    おしゃれなトレンド食器や、かわいいカフェ風の食器、作家もの・一点物の特別な器など、全国の窯元から様々な器をセレクトしています。 雰囲気のある和食器に、美しく洗練された洋食器、便利なキッチン雑貨やカトラリー、ガラス食器など、様々な食器を取り揃えております。 日常使いのお皿から、特別な日の器。大切な人への贈り物、記念日のプレゼントなど、ぴったりな器が見つかると嬉しいです。


    [ 心を込めて、梱包いたします。 ]

    割れてしまうお皿だからこそ、一枚一枚スタッフが丁寧に検品、梱包をしております。無事にお客様のもとへ到着するよう、厳重な梱包を心がけております。万が一到着時に破損があった場合でも、すぐに交換もしくは返品の手配をいたしますので、安心してご注文くださいませ。

    (ご注意)
    東京 高円寺に実店舗がございますが、入荷状況によっては商品の在庫がお店にない場合がございます
    気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせください
    MALTO高円寺実店舗についてはこちら


    人気商品実店舗で人気のインテリア雑貨

    歯ブラシ立て、一輪挿し、ペン立てなどマルチの使える可愛いベース

    歯ブラシ立て、一輪挿し、ペン立てなどマルチの使える可愛いベース

    陶器のアニマルマルチベース
    ¥880
    手織りのタイガーラグ

    インドの職人が手作業で丁寧に織り上げた素朴な風合いのラグ

    手織りのタイガーラグ
    ¥7,150
    カフェのコップ

    ウィリアム・モリス "いちご泥棒" テーブルランナー ランチョンマット ゴブラン織り

    日本の民芸運動にも大きな影響を与えたイギリスのアーツ&クラフト運動を 主導した芸術家ウィリアム・モリスの代表作「いちご泥棒」のデザイン
    ¥2,090
    SUORA MONEY BANK(マネーバンク) 貯金箱 クマ 木目調のカラーリング

    SUORA MONEY BANK(マネーバンク) 貯金箱 クマ 木目調のカラーリング

    まるで木彫りのようなフォルムとリアルな質感が心を癒す、クマのマネーバンク。ギフトやお子様の初めての貯金箱にもおすすめです。
    ¥2,178
    空間に華やかさをもたらすブラス製のティッシュケース

    ブラス ティッシュケース

    空間に華やかさをもたらすブラス製のティッシュケース
    ¥4,180
    Nathalie Lete(ナタリー・レテ)/トートバッグL/ブルー

    Nathalie Lete(ナタリー・レテ)/トートバッグL/ブルー

    イラストレーターナタリー・レテ描く楽しいイラスト達をゴブラン織り生地に落とし込んだバッグ
    ¥4,180
    メガネケースおしゃれ

    美濃焼 RASHIC深皿22cm

    ほっこりとした和の温もりのなかに、釉薬使いで洗練されたイメージも併せ持つ美濃焼の深皿です。 直径22cmと大き目でカレーやパスタ、オムライスにも十分の大きさ。
    ¥1,980
    陶器の一輪挿し6連 S フラワーベース

    陶器の一輪挿し6連 S フラワーベース

    一輪挿しを並べて置いたような小さな壺が並んだ陶器のユニークなフラワーベース
    ¥2,200
    フェイバリット キャニスター3個セット 動物のイラストがかわいい収納ケース

    フェイバリット キャニスター3個セット

    愛らしいちいさな子ヤギがプリントされた、シンプルだけどとってもキュートなキャニスター。 大中小と3つ並べてディスプレイすると、さらに可愛いです。
    ¥1,980
    マーブルプランターポットL/モノクローム

    マーブルプランターポットL/モノクローム

    おがくずと石、自然素材の粉末とプラスチックを混ぜ合わせて作られた、 軽量かつ、丈夫な植木鉢。大人っぽいモノトーンのマーブル模様がおしゃれ。
    ¥2,530

    人気の商品が再入荷しました人気の商品が再入荷しました!(5月19日更新)

    もっと見る

    電子レンジ・オーブン
    食洗機対応の食器かどうか
    見分けよう



    電子レンジ



    本来陶器には耐熱温度が高い特性があります



    陶器の食器

    3つの要素が陶器の高い耐熱温度を実現


    ①原料: ケイ酸、アルミナ、石英などの高耐熱鉱物

    ②結晶構造: 高温で形成される安定した結晶構造

    ③気孔: 熱膨張を抑制し、ひび割れを防ぐ

    これらの要素により、陶器は一般的に1200℃~1400℃の耐熱温度を持ち、オーブンや直火での調理に使用できます。 しかし、一部の陶器は電子レンジ等に適さない場合があり、電子レンジ、オーブン、食洗機で食器を使う場合は、それぞれに対応している食器を選ばないと危険が起きる場合があります。こちらのページでは注意点を解説します。



    電子レンジ対応の食器の見分け方

    電子レンジ

    電子レンジはマイクロ波と呼ばれる電磁波を使って食品を加熱します。そのため、電磁波を反射してしまう金属製の食器は使用できません。

    電子レンジ対応の食器を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

    ◎ OKなもの

    陶磁器→基本的にはOK(ただしヒビのあるもの、金属や色絵で装飾されているものはNG)

    耐熱ガラス→OK

    耐熱プラスチック→OK (耐熱温度140℃以上)

    電子レンジ対応のマーク (JISマークなど) があるもの→OK



    × NGなもの

    金属→NG

    漆器→NG

    木製→NG



    電子レンジを禁止している食器を使用した場合に起こることは?



    火花や発火

    金属製の食器や金箔・銀箔が施された食器は、電子レンジで加熱すると電磁波を反射して火花や発火を引き起こす可能性があります。これは火災の原因となるだけでなく、電子レンジ自体も故障してしまう可能性があります。

    破損

    耐熱温度が低いプラスチック製の食器や、ひび割れや欠けのある食器は、電子レンジで加熱すると破損する可能性があります。破損した食器の破片は、ケガをする原因となる可能性があります。

    有害物質の溶出

    一部のプラスチック製の食器は、電子レンジで加熱すると有害物質が溶け出す可能性があります。これらの有害物質は、人体に悪影響を与える可能性があります。






    オーブン対応の食器の見分け方

    オーブン

    オーブンは熱風を使って食品を加熱します。そのため、電子レンジ対応の食器でも、耐熱温度が低いものはオーブンで使用できません。

    オーブン対応の食器を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

    ◎ OKなもの

    耐熱性の高い陶磁器→OK

    耐熱ガラス→OK

    アルミ→OK

    ステンレス→OK

    ホーロー→OK



    × NGなもの

    漆器→NG

    木製品→hNG



    表記

    オーブン対応のマーク (耐熱温度など) がある

    その他

    急激な温度変化に耐えられる



    食洗機対応の食器の見分け方

    食洗器

    食洗機は高温の水と強い水流で食器を洗います。そのため、水に弱い素材や衝撃に弱い食器は使用できません。

    食洗機対応の食器を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

    ◎ OKなもの

    陶磁器→OK (一部NG)

    耐熱ガラス→OK

    耐熱プラスチック→OK (一部NG)

    食洗機対応のマーク があるもの→OK

    ホーロー→OK



    × NGなもの

    金属→NG

    漆器→NG

    木製品→NG



    注意点

    電子レンジ、オーブン、食洗機対応の食器であっても、使用上の注意を守らないと破損や変色などの原因になることがあります。メーカーの取扱説明書をよく読んで、正しく使用しましょう。



    電子レンジ注意1 電子レンジ注意2

    電子レンジでよく起こる事故例(国民生活センターより)


    うつわの産地・窯元から選び直す▼

    電子レンジ・オーブン
    食洗機対応の食器かどうか
    見分けよう



    電子レンジ



    本来陶器には耐熱温度が高い特性があります



    陶器の食器

    3つの要素が陶器の高い耐熱温度を実現


    ①原料: ケイ酸、アルミナ、石英などの高耐熱鉱物

    ②結晶構造: 高温で形成される安定した結晶構造

    ③気孔: 熱膨張を抑制し、ひび割れを防ぐ

    これらの要素により、陶器は一般的に1200℃~1400℃の耐熱温度を持ち、オーブンや直火での調理に使用できます。 しかし、一部の陶器は電子レンジ等に適さない場合があり、電子レンジ、オーブン、食洗機で食器を使う場合は、それぞれに対応している食器を選ばないと危険が起きる場合があります。こちらのページでは注意点を解説します。



    電子レンジ対応の食器の見分け方

    電子レンジ

    電子レンジはマイクロ波と呼ばれる電磁波を使って食品を加熱します。そのため、電磁波を反射してしまう金属製の食器は使用できません。

    電子レンジ対応の食器を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

    ◎ OKなもの

    陶磁器→基本的にはOK(ただしヒビのあるもの、金属や色絵で装飾されているものはNG)

    耐熱ガラス→OK

    耐熱プラスチック→OK (耐熱温度140℃以上)

    電子レンジ対応のマーク (JISマークなど) があるもの→OK



    × NGなもの

    金属→NG

    漆器→NG

    木製→NG



    電子レンジを禁止している食器を使用した場合に起こることは?



    火花や発火

    金属製の食器や金箔・銀箔が施された食器は、電子レンジで加熱すると電磁波を反射して火花や発火を引き起こす可能性があります。これは火災の原因となるだけでなく、電子レンジ自体も故障してしまう可能性があります。

    破損

    耐熱温度が低いプラスチック製の食器や、ひび割れや欠けのある食器は、電子レンジで加熱すると破損する可能性があります。破損した食器の破片は、ケガをする原因となる可能性があります。

    有害物質の溶出

    一部のプラスチック製の食器は、電子レンジで加熱すると有害物質が溶け出す可能性があります。これらの有害物質は、人体に悪影響を与える可能性があります。






    オーブン対応の食器の見分け方

    オーブン

    オーブンは熱風を使って食品を加熱します。そのため、電子レンジ対応の食器でも、耐熱温度が低いものはオーブンで使用できません。

    オーブン対応の食器を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

    ◎ OKなもの

    耐熱性の高い陶磁器→OK

    耐熱ガラス→OK

    アルミ→OK

    ステンレス→OK

    ホーロー→OK



    × NGなもの

    漆器→NG

    木製品→hNG



    表記

    オーブン対応のマーク (耐熱温度など) がある

    その他

    急激な温度変化に耐えられる



    食洗機対応の食器の見分け方

    食洗器

    食洗機は高温の水と強い水流で食器を洗います。そのため、水に弱い素材や衝撃に弱い食器は使用できません。

    食洗機対応の食器を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

    ◎ OKなもの

    陶磁器→OK (一部NG)

    耐熱ガラス→OK

    耐熱プラスチック→OK (一部NG)

    食洗機対応のマーク があるもの→OK

    ホーロー→OK



    × NGなもの

    金属→NG

    漆器→NG

    木製品→NG



    注意点

    電子レンジ、オーブン、食洗機対応の食器であっても、使用上の注意を守らないと破損や変色などの原因になることがあります。メーカーの取扱説明書をよく読んで、正しく使用しましょう。



    電子レンジ注意1 電子レンジ注意2

    電子レンジでよく起こる事故例(国民生活センターより)


    うつわの産地・窯元から選び直す▼