• 新入荷通販ページ
  • 再入荷ページ
  • 人気商品通販ページ
  • コラム
  • ギフト商品
アンティーク販売ページはこちらから
ヨーロッパから買い付けた
アンティークを販売
アンティーク
インテリア雑貨
キッチン雑貨
DIYパーツ
家具・什器
ガーデン雑貨
ミラー
照明器具
リネン・ファブリック

バルカンファイバー

 バルカンファイバーとは?

アンティークのトランクと言えばレザーが主流のように感じますが、ヴィンテージの多くはバルカンファイバーと呼ばれる素材が使用されています。革のように見えますが、バルカナイズと呼ばれる化学処理を施した木材パルプを、何層も重ね合わせて圧縮し強化した厚紙のようなものです。この技術はイギリスで1850年代頃発明されました。
正しくバルカナイズドファイバー【vulcanized fiber】、とも呼ばれます。木材パルプが主流になる前は綿や麻を使って作られていました。革より丈夫で金属に比べ軽いのが特徴で、古いスーツケースの多くに使用されているポピュラーな素材です。


バルカナイズド・ファイバー

バルカンファイバーは優れた強度と耐久性がありますが、その質感は金属やプラスチックからは感じられないあたたかさを持っています。
動物性ボーンや貝などを使用していたカトラリーのハンドルが、ベイクレートという経年変化が楽しめるプラスチックへ変わったことと似ています。産業が発展し、大量生産が主流となった時代背景もありますが、あたたかみがありつつも環境に配慮した素材というのは現代でも愛される理由のひとつになっている気がします。