• 新入荷商品通販一覧
  • 再入荷商品通販一覧
  • 人気商品通販一覧
  • 読み物
  • ギフト商品通販一覧

「ナポレオン3世」時代に多く作られたチェア

ナポレオンチェア

 ナポレオンチェアとは?

西洋アンティーク愛好家にとって憧れの逸品、「ナポレオンチェア」。「ナポレオンチェア」とは、「ナポレオン3世」時代に多く造られたチェアのことを言います。
ナポレオン3世(在位1852~1870年)が皇帝だった時代のフランスで流行したスタイルをナポレオン3世様式や、セカンドアンピール様式と呼びます。

「ナポレオンチェア」の最大の魅力は、背もたれと脚部の美しさです。木を細く削り、繊細な加工を施した背もたれと脚部は、華奢でありながらも格調高いデザインで、ラグジュアリーな雰囲気を出しています。
「ナポレオンチェア」に見られる装飾には、次のようなものがあります。

・ボビンターニングスラット……背もたれ部分の木玉のような装飾
・バンブーモチーフ……フレームの木の部分に刻まれた竹のような模様
・ボビンターニングレッグ……細く華奢な脚についている木玉の飾り
・金彩……背もたれや脚に施された金の模様
・リボン彫刻……クレストレイル(背もたれ上部)に立体的なリボン彫刻の装飾

ナポレオンチェア

中でも、「ブラックナポレオンチェア」と呼ばれるものは、チェアのフレームを黒く塗装し、繊細な金彩を施したものを言い、ナポレオン3世の時代に、エボニーの黒い家具が流行したことから作られました。
引き締まった黒のフォルムに鮮やかな金彩が映える美しいチェアは、ファンが多いアイテムです。