• 新入荷商品通販一覧
  • 再入荷商品通販一覧
  • 人気商品通販一覧
  • blog
  • レンタルサービスについて

アンティークナポレオンチェア

ナポレオンチェアとは?

西洋アンティーク愛好家、特にフレンチアンティーク好きにとって憧れの椅子である「ナポレオンチェア」。「ナポレオンチェア」とは、のことを言います。座るためのものではなく客間や寝室の装飾家具として使われていたもので、上着などを掛けたりして使用されていました。そのため強度をそれほど重要視しない華奢なフレームで構成されています。

ナポレオン3世(在位1852~1870年)が皇帝だった時代のフランスで流行したスタイルをナポレオン3世様式や、セカンドアンピール様式と呼びます。

「アンピール様式」とは、19世紀初頭にフランスで流行した装飾様式のこと。ナポレオン第一帝政の下で発展したことから、帝政様式と呼ぶこともあります。

リバイバルでナポレオン3世時代に2次流行したことからセカンドアンピール様式と呼ばれています。

並び替え
2件中 1-2件表示
  • フランス

アンティーク ナポレオンチェア/ボタニカルシート 現代では考えられないほどの手間をかけて作られたフランスの椅子

定価 ¥ 39,600 のところ
¥ 33,264 税込
並び替え
2件中 1-2件表示

【ナポレオンチェア】

「ナポレオンチェア」の最大の魅力は、背もたれと脚部の装飾の美しさです。木を細く削り出し、繊細な加工を施した背もたれと脚部は、華奢でありながらも格調高いデザインで、他の様式とはまた違った上品な雰囲気を醸し出しています。


バンブー(竹)モチーフのフレームの木の部分に刻まれた竹の節ような模様。
ボビンターニングと呼ばれるシェイプで脚や背もたれについているポコポコとした木玉の装飾。
背もたれや脚に施された金彩の模様。
クレストレイル(背もたれ上部)の立体的なリボン彫刻の装飾などが、「ナポレオンチェア」に見られる代表的な特徴になります。

アンティークナポレオンチェア


18世紀の流行したシノワズリ(中国趣味)のリバイバル


中でも、「ブラックナポレオンチェア」と呼ばれるものは、18世紀の流行したシノワズリ(中国趣味)が再度この時代に流行し、竹をモチーフにした家具、漆器をイメージした黒色のデザインを取り入れたもので、チェアのフレームを黒く塗装し、繊細な金彩で模様を手描きので施したものを指し、ナポレオン3世の時代に、エボニーを使用した黒い家具が流行したことから作られました。

様々なデザインがあるナポレオンチェアですが、引き締まった華奢なシルエットに華やかな金彩が映える美しいチェアは、ナポレオンチェア王道のデザインです。

アンティーク ナポレオンチェア

細身でシンプルなデザインのナポレオンチェア

フランスアンティーク ナポレオンチェア

背もたれにリボン彫刻の装飾があるデザインのナポレオンチェア



椅子の種類から選ぶチェアの種類から選ぶ


アンティークチェア
アンティーク家具
アンティーク雑貨
アンティーク食器
アンティークシルバーウェア
時代別カテゴリー
スタッフお気に入りだった
SOLD OUTアンティーク
ナポレオンチェア
staffroom02
ヴィクトリアン様式について
エドワーディアン様式について
チャーチチェアについて
Gplanについて
アンティークブックについて
ロイヤルアルバートについて
ティーポットから読み取る手がかり
セレクトアイテム
ここから下のカテゴリーは
アンティークではありません

利用ガイダンス

上へ