• 2016年8月アンティーク買い付けブログ
  • アンティーク買付日記vol.6 イギリスの港町ブライトンへ

    イギリスの西海岸

    「イギリスの南海岸にあるブライトンに来てます。
    ビーチは砂ではなく、小さな丸い石で足の裏が痛いです。」

    イングランドは雨が多くて有名ですが、ブライトン(Brighton)は最も天気の良い南海岸に位置します。

     

    日本でいえば落ち着きのある湘南といった感じで、イギリス人に最も人気ののどかな海辺の都市です。
    昔は漁師町であったのですが、現在ではおしゃれで活気のある都市として生まれ変わりました。

    イギリス人歌手で世界的に有名なアデルもブライトンに住んでいます。

    リージェンシー時代の歴史遺産、ブティック、現代アート、そして、もちろん海辺の潮風と桟橋が印象的な情景のとても見所のある町になっております。ブライト(Brighton)の市街は徒歩範囲内ですべてが事足ります。

    交通におきましてもロンドン行きの電車は30分に1本の割合で出ています。ロンドンまでは急行で50分です。

     

    ブライトン地図

     

    イギリスの南部なので、天気も良く、気温も少し高めです。
    フランスからも近いからか、フランス語を話す観光客が多かったです。

     

    イギリスのおしゃれなカフェ

    西海岸風のおしゃれなカフェが沢山!

    食事も魚を中心にしたメニューで久しぶりに胃に優しいランチを楽しめました。

     

    おしゃれなカフェ

     

    古いアンティーク家具が店内のインテリアのセンスを引き立たせています。
    やっぱりアンティークは地元イギリスでも人気が高いですね。

     

    イギリスのアンティークショップ

     

    この日もアンティークモール巡り。
    古い工場を利用した大きなアンティークモールで、家具や雑貨、食器が所狭しと並べられています。

     

    アンティークショップ2

    古いジャンクなものから、ビンテージのものまで、幅広い商品で埋まるフロア。
    使い方によってはかなりおしゃれなインテリアになる商品もあります。

     

    ビンテージティーセット

     

    このアンティークモールではビンテージのティーセットを購入。
    maltoアンティーク商品ページで販売しています。

     

     

    イギリスのアンティークショップ外観

     

    教会を利用したアンティークモールもよく目にします。
    天井がやたら高い!

     

    アンティーク家具

    こちらのアンティークモールはコーナーごとの貸し出しになっています。
    出展者がコーナーを借りて自分が集めたお気に入りのアンティークコレクションを置いて販売する形。
    売り上げの数%をお店側が取る仕組みになっています。

    センス次第でビジネスになる委託販売です。

     

    犬の陶器の置物

     

    この眉毛犬は、「アンティークスタッフォードシャードッグ」と呼ばれる伝統工芸品になります。

    飾り方次第でセンスあるインテリアになる置物です。
    シンプルに窓辺やコンソールに置くのがおすすめ。植物との相性も良いです。

     

    アンティークスタッフォードシャードッグ・ペアについて

    スタッフォードシャードッグ

    ヴィクトリア時代にイギリスの人々に愛されたSTAFFORDSHIRE DOG(スタッフォードシャードッグ)の陶器の置物です。

    ビクトリア時代に大流行した置物で、イギリス王室でかわいがられていたキャバリア犬をデザインしたフィギュアです。 ハンドメイド、ハンドペイントで仕上げられたお品で、シンメトリーなセットが上手く空間の形をまとめてくれます。

    モデルの犬種は、キャバリア・キングチャールズ・スパニエル。英国産の小型犬で、基本的には2匹セットで作られました。 このセットをマントルピースの上に左右対称で飾るスタイルが、ヴィクトリア時代にとても流行しました。

    当時主にスタッフォードシャー(ブリテン島中西部の州・陶磁器の生産が盛ん)の窯元で製作されたため、スタッフォードシャードッグと呼ばれております。

    サイドボードやブックケースなどちょっとしたスペースにディスプレイしても、斬新でセンスのよい空間になりそうな置物です。

     

    アンティークスタッフォードシャードッグ・ペアの販売はこちら

     

    ブライトン

     

    海で泳いでる人はいませんが、日向ぼっこやピクニックにおすすめのブライトン。

    おしゃれなカフェがあって、楽しいアンティークモールがあって、1日観光にはちょうど良いサイズの町です。

    ロンドンからも近いので、ドライブがてら立ち寄ってみてもいいかもしれませんね。

  • 2016年8月アンティーク買い付けブログ
  • カーディフ城へ maltoのアンティーク買付日記vol.5

    カーディフ城

    カーディフ城

    カーディフ城

     

    城マニアのショコラがハイテンションになる、いかにも「城!」っていう分かりやすい外観が可愛い。
    周りも芝生で気持ちいいです。

    この日は夏ですが、カーディガンが必要なくらいの肌寒さ。

     

    「カーディフ城について」

    約2000年前にローマ人が築いた要塞をこの地に気づいて以来2000年の歴史を持つカーディフの中心にそびえる城。チューダー時代の王室の所有を経て19世紀に建築家ウィリアム・バージスにより再建。1947年5代目ビュート侯爵を最後にカーディフ市の所有となり一般に公開されている。童話を描いた育児室、豪華絢爛なアラブルーム、細密なステンドグラスが美しいウィンタースモーキングルーム等が見所。

     

    童話の世界に迷い込んだようなインテリア

    カーディフ城

     

    城の内部に入ると、まるで童話の世界に迷い込んだような空間に。
    こんなユニークなお城は初めてです。

    建築家であるウィリアム・バージェスがインテリアを設計し、モチーフとなったのは童話と神話の世界の登場キャラクターや風景だそう。
    面白いのが、細部にわたる箇所まで動物モチーフが使われているところです。

     

    カーディフ城内

     

    楽しい雰囲気の応接間。
    こんな所で会議をしたら争う気分もなくなってしまいそう。

     

    カワイイ動物モチーフたちが、隠れています。探すのも面白い^^

    カーディフ城のトカゲの彫刻

     

    扉の上に彫られた、トカゲの彫刻。その中央にはクモが。トカゲたちが狙っていますね^^
    動物だけでなく、虫までもが愛らしいモチーフに。

     

    カーディフ城のライオンの鍵穴

     

    扉の鍵穴は、ライオンの口。丁寧に手彫りで作られています。
    もう、このお城に住みたい!

     

    カーディフ城の可愛い鍵穴

     

    本棚に埋め込まれた鍵穴。キュンキュンしながら城内部を巡ります。

     

    カーディフ城応接間のかわいいインテリア

     

    天井には今にも飛び出してきそうなエンジェルが。
    当時の彫刻士のレベルの高さがうかがえます。
    古い建造物の彫刻がたまにアンティークマーケットで出品されることがありますが、
    とても高い値段が付けられています。日本での販売価格が100万円を超えることも珍しくありません。

     

    カーディフ城のかわいいインテリア

     

    日光東照宮のような彫刻も。もしかしたら、本当にモチーフ元になっているかもしれませんね。
    見ザル、言わザル、聞かザルも彫られています。

     

    可愛い時計台

     

    時計台も可愛らしい!しばらく見学してましたが、残念ながら人形は動きませんでした(笑)

     

     

     

    カーディフ城のかわいい公園動物彫刻ライオン

     

    カーディフ城のかわいい動物彫刻熊

     

    ハロー♪カーディフ城の隣の公園にも、動物のモチーフが。

     

    動物を心から愛したことで有名な王様が作った、夢の国のようなカーディフ城でした。
    建築やインテリアが好きな方には必見のお城だと思います^^

    見どころも沢山あり、1時間半くらいで全周できます。

     

    次回はイギリスの海岸添いの町のご紹介予定。お楽しみに♪

     

    「カーディフ城へのアクセス」

    住所 Castle St., Cardiff, Wales CF10 3RB
    TEL/FAX (029)20878100 / (029)20231417
    アクセス 鉄道 カーディフ中央(CARDIFF CENTRAL)駅から1km、徒歩 10分
    駐車場 なし
    営業時間 9~18時(11~2月は~17時)
    イベント等による変動あり。入場は閉館1時間前まで
    定休日 なし
    休業日 1/1、12/24、12/25、12/26
    入場料 有料
    大人:12ポンド、 子供:9ポンド(5-16歳)、 シニア:10.50ポンド、 子供、シニア、学生(要ID)、家族割引あり。日本語オーディオガイドも料金に含まれている
    公式サイト www.cardiffcastle.com
  • 2016年8月アンティーク買い付けブログ
  • イギリスのウェールズに。アンティーク買い付けの旅vol.4

    イギリスの景色

    2016年の夏の「イギリス・フランスへのアンティーク買付の旅のblog(vol.4)」

     

    今回初めてのんびりとイギリス国内をドライブしながらアンティークマーケット巡りをしてます、バイヤーのショコラです。
    イギリスでの車の運転にも慣れてきて、ようやく景色を楽しむ余裕もできてきた♪

    とにかく緑が多くて(山はない)目の前に広がる草原や、のんびりとくつろいでいる馬や羊たち、夕暮れを遮る建物や山もなく、人生でこんなに沢山綺麗な夕日を眺めたのは初めてかもしれません。

    東京に住んでいると、大きいビルばかりで空が小さく、夕日なんて見ることなんてできないです。
    コンクリートだらけの町に住んでるショコラにとって、このイギリスの美しい風景には何度も感動し、驚かされました。車を何回停めて風景を眺めたことか..おかげで目的地に着くのが遅くなってしまいました。

     

    イギリスの景色

     

    日本人観光客も訪れないような辺鄙?なスポットにも沢山立ち寄ることができて、イギリスドライブ最高です^^

    今日はマンチェスター近辺のアンティークモールを訪れて、イギリスの南部に向かうことに。
    途中で「ウェールズ」という国に訪れます。

    「ウェールズ」のことは私も訪れる前は少ししか知識がありませんでした。
    イギリスを構成する一つの国で、イングランドとは別の文化と言語を持つ異なった国になります。
    国土が小さく、隣接しているのに、不思議ですね。

    下記に「ウェールズ」について少しまとめてみました。

    イギリスの国

     

    グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国(イギリスのカントリー)」(country)のひとつなんですね。ウェールズはグレートブリテン島の南西に位置しています。
    過去には石炭を代表とする豊富な地下資源を産出し、イギリスの産業革命を支えた歴史をもっていました。

    また独自の言語とケルト文化を持ち、ウェールズ人全体の20.5%がウェールズ語を話すことができそう。森林や湖、丘陵、海岸などの豊かな自然が残っていて面積の約20パーセントが国立公園に指定されています。

     

    ウェールズ遺跡

     

    古い遺跡も数多く残り、その美しい景観は「天空の城ラピュタ」のモデルにもなったようです。

     

    今回宿泊するホテルはここ。

    Weaver’s House B&B

     

    とても仲良しな夫妻が経営する小さな民宿。
    booking.comの口コミのレビュー通りにすごく居心地が良くて、オーナー夫妻に親切にしてもらいました^^

    朝食は他の宿泊客と一緒にテーブルでとる形で、自然と会話ができて楽しかったです。

    面白かったのが、イタリアから来た明るいカップル。
    この民宿がとても居心地が良く、あまりにも気に入りすぎて、1か月の宿泊費をタダにしてもらう代わりに宿の手伝いをしているとのこと。朝食ではスクランブルエッグを焼いてくれました^^
    ウェールズに来た当初は全く英語が話せなかったのに、この民宿でオーナー夫妻と色々なお客さんと話すうちに、日常会話なら大体分かるようになったと言っていました。
    西ヨーロッパ人にとって英語の習得は本当に早い。単語も似ているし、文法はほぼ同じなんですよね。いいなぁ。

    ペンションの客

    時間のある若者は、こんな風に冒険してみてもいいかもしれませんね。

    あとはベルギー在中の中国人家族。一人息子とイギリスをドライブ旅行中に来ていました。
    この息子君がとっても英語が流暢な新日家で、過去に日本旅行をした話を楽しそうに話してくれました。

    ホテルと違ってペンションに泊まる旅も面白い^^

    色々な情報交換ができて楽しいですよ。

     

    ウェールズ人のオーナー夫婦はいつも冗談を言い合う愉快な人たちで、とても仲良し。
    お互い再婚同士で、子供達も独立し、夢だったペンションを3年前に始めたそう。

    ウェールズや、ウェールズ人のことも色々教えてくれました。
    イギリスとは違った文化と言語に誇りを持っていて、人は皆親切でおとなしく、正直な人が多いとのこと。

    ただ、怒ったらイギリスで一番怖い人種だと言ってました(笑)
    そして、普段シャイだけど酔うとかなりテンションが高くなるらしい。日本人みたいですね^^
    これは、後日別のイギリス人も言っていたので、本当のようです。

    ウェールズの人は普段おとなしいですが、なるべく怒らせないようにしよう。

     

    明日はオーナー夫妻におすすめされた、カーディフ城に見学に行きます。

     

    vol.5につづく

     

     

  • maltoが出店した蚤の市。日本編
  • 2016年11月赤坂蚤の市に出店したmalto

    マルト蚤の市

     

    「第32回東京・赤坂蚤の市に出店しました」

    12月の寒空の中、クリスマスイルミネーションが綺麗な本木のアークヒルズにて毎月第4日曜日に開催されている「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」にmaltoは初出店。

    アンティークの家具や雑貨、古着やジュエリー、ライフスタイルを彩るお店が沢山出店しています。

    会場では手づくりの焼き菓子やフードキッチンカーでのご飲食もいただけたり。

    素敵な品物や個性豊かな出店者さんとの出会いなどをぜひお楽しみいただける蚤の市です。

     

    マルト蚤の市

    maltoのブース。車に沢山のアンティークとキッチュで可愛い雑貨を詰め込み、早朝から出店準備をしました。
    木箱を重ねてその上にアンティークのドアを置く簡単テーブルを設営。
    最近お気に入りの方法です。
    木箱の中に商品を入れて重ねて運搬できるし一石二鳥!

    隣のブースの人から

    「よくこの量の荷物を積めましたねー」と言われました(笑)

    赤坂蚤の市のマルト

    今回はクリスマスマーケットということもあり、キリスト教小物と華やかな動物オブジェのコーナーを作りました。
    来場された常連様からはmaltoっぽいブースと言われました

    人気のウサギオブジェが微笑みながらお客様を迎えています^^

    赤坂蚤の市のマルトのインテリア雑貨

    そして、8月に買付けたばかりのアンティークシルバーウェアも、お求めやすい価格で販売^^

    アンティークシルバープレートのスプーンはなんと1本500円から♪

    手に取って選んでいただけるので、とてもオススメ!
    maltoの実店舗(高円寺)にも展示販売しています。

     

    赤坂蚤の市のマルト2

    他の出店ブース。それぞれ個性があって面白いですね。

     

    赤坂蚤の市マルト3

    ミッドセンチュリー系のビンテージアイテムを扱うお店。

     

     

    img_20161128_161155

    ジュエリー専門のお店。

    古くて可愛いブローチですが、安い!なかなか良いお店が出店してますねー

     

    赤坂蚤の市のマルト5

    店主のこだわりの感じられるラインナップ。女性オーナーのお店。

     

    天気は夕方から少し雨になりましたが、六本木の雰囲気も楽しみながら出店できました。

    赤坂蚤の市は毎月第3日曜日に開催されているようです。

     

    maltoはまた春になったら出店しようと思います^^

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 2016年8月アンティーク買い付けブログ
  • 原っぱの中のアンティークマーケット vol.3

    「イギリスの原っぱアンティークマーケットへ」

    アンティーク店

    「天気のよい日はアンティークマーケット巡り!
    8月はイギリスでも快晴の日が多く、たくさんの地元イギリス人でにぎわっています。」

    牧場の敷地内や、フットサル場、昔使われていた競馬場跡地などを利用して、イギリス各地で様々なアンティークマーケットが開催されています。地元の人しか知らない、穴場のアンティークマーケットもあったり。
    一般の方たちも家に置いてあるアンティークなどを出品することもあり、中には掘り出し物もあって楽しい。

    アンティーク家具

    「フレンチブロカントのアンティークが並ぶお店」

    こちらはプロのアンティークディーラーの営むお店。
    テントの中で営業しています。

    シャビーシックなブロカント雑貨や家具の雰囲気がまとまっていて可愛いですね。

    アンティークトレーラー

    「出張トレーラーハウスで営む小さなカフェ」

    今回のアンティークマーケットで一番のお気に入りがこのかわいいトレーラハウスカフェ!

    店主のセンスのある小物使いに感動しました。
    手作りの焼き菓子がとってもステキ。さりげなく花を飾ったり、アンティーク雑貨を利用したり、とても参考になるコーディネート。

     

    アンティークトレーラー2

    原っぱの中までトレーラーハウスを引っ張ってきて運んだようです。

    日よけのストライプ柄のテントもかわいいですね。

    アンティークカフェ

    「自由にティータイムを過ごす地元のイギリス人たち」

    アンティークマーケットには必ずといっていいほど、紅茶が飲めるスペースがあります。

    席は基本的に自由。このマーケットには焼きたてのピザとクラフトビールが飲めるお店もありました。

    牧場カフェ

    そしてこれがベンチ(笑)

    なんと牛の牧草を積んだままのベンチ。発想が面白いですね!

    ここでは小さなアンティークシェルフとテディベアを購入しました。
    プロのアンティークバイヤー専用のアンティークマーケットではなく、どちらかというと夏の間に地元の人々が楽しむイベントのような感じです。

    入場料は一人5ポンド。観光がてらには良いかと思います。

    宿泊する宿のオーナーや、パブのお客さんなどに、近くにあるおすすめのアンティークマーケットの情報などを聞くとすぐに情報が入手できます。

    ぜひ、旅の合間に訪れる街の小さなアンティークマーケット巡りも楽しんでみてはいかがですか?

    maltoが買い付けたアンティークはこちらの通販サイトで販売中。

    アンティーク通販

  • かわいいインテリア雑貨でおしゃれな部屋に
  • キッチュな世界へ

    キッチュ

    ショコラが好きな言葉”キッチュ”。

    なんだか響きも可愛いし、そしてキッチュの意味が好きです。

    キッチュを簡単に説明すると、「見る者」が見たこともない異様なものか、「意外な組み合わせ」「ありえない組み合わせ」

     

    キッチュ

    (海外アーティストの描くキッチュな世界)

    うーん。不思議すぎる世界。。これはキッチュすぎる!

     

    キッチュには「見る者」にとって異文化に属するものであったり、時代を隔てたりしていることも含まれます。

    時間的な隔たりという点では、レトロ、懐古趣味ということになります。昔作られた日本や外国の道具やアンティークや建造物に心惹かれる時にもキッチュが関係しているように思えます。
    また、キッチュは、世界各地の伝統的・近代的な民芸品、人形、仮面、像、図像、幼児の玩具などにも見られます。
    たとえば、ロシアのマトリョーシカ、祭りの出店の面、庭に置かれるノーム(こびと)の人形、多神教の図像など。

    動物同士、動物と人間の組み合わせ、「架空の生き物」がキッチュになる場合もあります。
    これは本来「ありえない組み合わせ」だからである。神話に出てくる人魚やユニコーンなど現実には存在しない生き物になります。
    そういえば、不思議の国のアリスに出てくる服を着て擬人化されたウサギや、トランプ人間、ジブリ映画に出てくるトトロや猫バスなどの人気キャラクターはまさにキッチュ。きっと古代から人は”キッチュ”を求めて、愛でて、癒されてきたんでしょうね。

    現代でも愛される”キッチュ”
    好きなキッチュに囲まれたい..キッチュな部屋にしたい!

    でも、なかなかキッチュなインテリア雑貨は多くありません。

    なので世界中から集めました♪キッチュハンターと化したショコラ。

    もはやキッチュ雑貨のコレクターになってしまってます。
    当初は自分が欲しかったため海外のメーカーから買い付けたのですが、ロット数が多く(最低購入数)余った分をキッチュ好きな方に売るのはどうかな?と始めたのが8年前のmalto動物雑貨カテゴリーでした。

    ここまでキッチュでかわいい動物雑貨を売っているお店はmalto以外にショコラは知りません(自分で言うなっ!)
    おかげさまで、少しずつですがキッチュ好きのお客さんから好評いただいております。

     

    今回は皆さまをキッチュワールドへ誘うかわいいインテリア雑貨をご紹介。

     

    NO.7

    動物ドアストッパー

    アンティーク調塗装がされて、長い時を経たような風合いに。アンティークの蚤の市にありそうな雰囲気がいいですね。

    マウスとフロッグの等身大のサイズがまたリアルで可愛いです。ストッパー部分をそっとドアに充てるだけで地面との接触でドアを支えてくれる、とても使いやすいドアストッパーです。
    可愛いデザインのため使わない時はオブジェのように玄関の片隅に置くだけで、微笑ましいインテリアに。

     

    絵本の世界のドアストッパー


    NO.6

     

    うさぎのマスク

     

    ウサギさんのマスクをインテリアオブジェにしたデザイナーの遊び心とセンスが伺える一品です。

    童心に返り思わず内側から覗きこみたくなる魅力的なアイテムです。

    ラビット・マスクスタンド


     

    NO.5

    ブタの置物

     

    シェフ姿のピッグオブジェです。手元の小さなトレイにはコインやキーを置いておくことが出来ます。

    アンティーク調の加工が程よい雰囲気を醸し出しています。レジ横やカウンターなど、飲食店のディスプレイにぴったり。

    ユーモアがあり愛らしく、ずっとそこにあったかのような雰囲気が素敵。

     

    シェフオブピッグ


    NO.4

    文鳥オブジェ

     

    今にも羽ばたきそうな、本物みたいな小鳥のオブジェです。

    くちばしの下にマグネットがついていますので、メモを挟んだクリップをくっつけて メッセージバードの代わりにしたり、玄関に飾って家の鍵をくっつけても便利ですよ。

    デスクに置くと、疲れた仕事も忘れてしまうほど、可愛く癒されそう。
    ギフトにも喜ばれると思いますよ。

     

    文鳥マグネットクリップ

     


    NO.3

    猫のコースター

     

    猫の顔そのままの、シュールなインパクト抜群なコースター。フェルト素材で繰り返しお使い頂けます。

    写真家が撮った猫の顔をそのままに繰りぬいて作られた、猫好きにはたまらない可愛いコースター。

    来客時にそっとテーブルに置くだけで思わず笑顔になりそう。それぞれの猫の表情がまた真剣で面白い。

    フェルト素材のため繰り返し何度でもお使いいただけます。ギフトにもおすすめ。

    キャットコースター

     


    NO.2

    ブタの時計

     

    まるで古いアンティークショップに置いていそうな 雰囲気のフライングピッグの時計。

    今年はフライングピッグブーム?羽根の生えた可愛いブタモチーフの雑貨がたくさん登場しています。

    その中でもこのフライングピッグクロックはmalto実店舗で一番人気です♪フレンチレトロな雰囲気がとっても可愛く、チキチキと針が動く様子がアンティークのよう。メーカーの保証が1年付いていますので、安心してお使いいただけます。

    NO.1

    うさぎの置物

    ちょっぴり小太りのラビットのオブジェ。ほほえましい表情とアンティーク調のつくりがとっても本格的。
    トレーに大切なものを預けてください。

    バッチリドレスアップした着こなしがきまっているうさぎの紳士。

    鍵置きとして玄関に置けば、「いってらっしゃいとおかえりなさい」を言わんばかりの優しい表情で毎日お出迎えしてくれる相棒になります。

    ショップカードやアクセサリーなどを置くトレーとしても◎

    ジェントリーホワイトラビット

    今はキッチュなピッグの置物にはまっていて、探しております。今はまた3点しか集められていません。

    もしかわいいピッグの置物をご存じの方、教えてください~

  • かわいいインテリア雑貨でおしゃれな部屋に
  • おしゃれなフォトフレームと額縁を使ったインテリア

    おしゃれな壁

    おしゃれな壁

    インテリアの空気感を変える、フォトフレームや額縁を使ったコーディネート術

    日本でもヨーロッパでもアジアでも、センスの良い空間には必ずといっていいほど、壁面デコレーションにこだわっているなと思います。

    真っ白な壁をおしゃれに、かわいくしたいという想いは全世界共通なんですね。

    上の写真は2016年の夏にイギリスの買付時に立ち寄ったおしゃれなカフェバーのインテリアです。

    サイズや素材、デザインがバラバラなフレームや額縁が所狭しと飾られてますが、とってもおしゃれ!この感覚って、なかなか日本人は実践したがらないインテリアコーディネート術なんですよね。

    大胆。でも飾ってみたら全体的に調和われててすごくおしゃれな壁面に。

    あと、壁面の飾りつけって存在感があるため、インテリアの空気感を変えることができます。

    なので他の小物やディスプレイが必要なくなってしまうほど。コストも抑えられて、おしゃれな空間にできるのでフレームや額縁を使ったインテリアコーディネートはおすすめ。

    時代や流行にもとらわれません^^

    自分の好きな写真や、アーティストの絵を入れたり、コラージュしてみたり。

    数年ごとに中身だけを入れ替えても印象がぐっと変わりますよ。

     

    かわいい、おしゃれなフォトフレームや額縁はmaltoでも大人気。
    その中でも人気の3種類をご紹介します。

     

    アンティークフレーム

    「エイシェントフレームS/L」

    ヨーロッパのアンティークフレームをデザインそのままに復興して制作された リプロダクションの人気フレーム「エイシェントフレーム」のLサイズ

    maltoで最も人気の高いクラシカルデザインのフレーム。
    あえてガラスと背板のない、額縁部分だけの商品になります。壁面に飾るだけでパリのアパルトマンのような雰囲気に。とてもセンス良くなるのです!
    繊細で細かくデコレーションデザインされています。
    正面にお気に入りのアイテムやグリーンを置いて立体感のあるディスプレイをデザインしたり、壁にさりげなく掛けて中にピンで絵葉書や好みの物を貼り付けると素敵です。

    ガーリー系インテリアがお好きな方はもちろん、アンティーク家具や雑貨とも相性がいいのでコーディネートしてあげるとより一層素敵なインテリアとなります。
    裏側にはフックが着いているので、壁に掛けてディスプレイもできます。
    色はゴールド、シルバー、アイボリーの3色。

     

    Sサイズ:3,300円 エイシェントフレームSサイズの販売はこちら→

    Lサイズ:4,300円 エイシェントフレームLサイズの販売はこちら→

     

    アンティーク風額縁

     

    「エイシェントフレーム・ガラス付きS/L」

    maltoで大人気の「エイシェントフレーム」に専用のガラスと背板が付いた額バージョンが新登場♪

    アンティークゴシック調のデザインが絵やポストカードを引き立ててくれます。

    クラシカルデザインが人気のフレーム。縁は繊細で細かくデコレーションデザインされており、見る角度により上品な陰影が生まれます。表面の塗装方法にもこだわり、アンティークの風合いを再現させております。

    正面にお気に入りのアイテムやグリーンを置いて立体感のあるディスプレイをデザインしたり、お気に入りのアンティークの楽譜や古書のページ、ポストカードなどをコーディネートして壁に飾ると、まるで古い美術館にいるような素敵な雰囲気に。

    今回多くのお客様よりご要望がありましたガラスと背板を新しく付けております。お値段も3,800円~とリーズナブルなので、この機会に数枚壁面に飾って思い切ったコーディネートを楽しんでみてはいかがですか?

     

    Sサイズ:3,300円 エイシェントフレームガラスつきSサイズの販売はこちら→

    Lサイズ:4,300円 エイシェントフレームLサイズの販売はこちら→

     

    パリフレーム

     

    ヨーロッパの家庭では家族の絆を大切にしている証に家の中は家族の写真で溢れています。
    そういった素晴らしい習慣の中に少しでも個性を出したりするのがヨーロッパ流。
    大切な人の写真や思い出を飛びっきりのフレームで艶やかに飾ってみてはいかがでしょうか?

     

    ブルーム・オーバルフォトフレーム(1,800円)の販売はこちら→

     

    maltoでは上記の3点がとても人気で売れてます。
    でもまだ50種類以上のフォトフレームや額縁を販売しています。
    多すぎてブログではご紹介しきれないので、もし色々なフレームが見たい!という場合は商品一覧ページからぜひ探してみてください^^

    アンティーク調のフレーム・額縁のみを通販する商品一覧はこちら→

     

    賃貸などでフレームを飾るのが難しい..と思われている方もいらっしゃると思いますが、ホームセンターで売っているフレーム用のピンを使えば、ほとんど目立たない穴しか空きません。

     

    フレームを掛けるピン

    なんと穴は0.5mm以下!
    エックスフックステン S A‐60 1ケ

    154円(税込)

    東急ハンズで販売しているようです。

    これなら賃貸の家でも、あとあまり壁に穴をあけたくない方も自由にフレームデコレーションが楽しめますね。

    ぜひ、自分の好きな風景や絵、言葉などをフレームに込めて飾ってください^^

     

  • 2016年8月アンティーク買い付けブログ
  • 2016年イギリス買付日記vol.2~イギリスドライブのススメ~

    ミッドセンチュリーのアンティーク

    今回レンタカーを借りてイギリス国内をドライブして巡っているのですが、車は右ハンドルと道も左側運転なので、普段運転している人であれば3日もすれば慣れます。

     

    今回利用したレンタカー会社はrentalcars.com

    日本でWEBから予約しました。
    おそらくイギリスで最安値で一番良いサービスかと思います。
    乗り始め場所と返却場所が異なっても大丈夫。例えばイギリスのロンドンで借りて
    ユーロトンネルでフランスに渡り、ニースで返却も可能なのです。

    ヨーロッパ中を自由にドライブしたい場合はとても便利でお得。

    マニュアル車のレンタルは一日4千円からでありましたがオートマ車だと倍の料金で高め。
    でも総合的に見ても良いレンタカー会社です。

    運転時の注意は、イギリスの高速道路はガードレールや塀での囲いがないため、動物が飛び出してくることが本当に多いこと。
    悲しいことに、滞在中たくさんの動物が車に轢かれている姿を見ました。。
    特にウサギやハリネズミは草むらで過ごすことが多いため、ふとした瞬間に道路に飛び出してくることも多いです。

    途中イギリスの田舎道で、道端で横たわったハリネズミを心配そうにジッと見つめてる女の人に会いました。
    動物好きなイギリス人にとっても悲しい出来事です。
    でも平原が多いイギリスならではの交通事情により、防ぎようのないことかもしれません。

    ハリネズミ

    イギリスをドライブする際には、突然飛び出してくる動物たち、そして平原や牧場近くを走る際には特に注意してください。

    アンティークモール

    アンティーク大好きなイギリス人ならではの「アンティークモール」を巡りながら移動。

    大きな町だと3つも5つも立派なアンティークモールがあったりして、一日がかりで各モールを巡りアンティークを買付けることもあります。

    小さな村でも辺鄙な農場の中に古いアンティークモールがあったりして面白い。意外と掘り出し物もあるので、いつも宿泊するホテルや民宿のスタッフに「この近くでおすすめのアンティークモールはどこ?」と情報収集してます。

    p_20160807_173629

    このアンティークモールは巨大で地下一階地上二階建て。元は工場だったようです。
    使われなくなった建物がアンティークモールになることも多く、元は教会だった所もあります。

    アンティークモール二階部分

    二階部分。広い!

    アンティークモール可愛い小部屋

    それぞれのスペースを分けてレンタルされており、アンティークにも個性があり面白い。

    アンティークモール地下

    アンティークモール地下部分。

    ミッドセンチュリーのアンティーク

    ミッドセンチュリーのアンティークが集められたスペース。ひとつひとつに店主のこだわりが感じられます。
    ここでは食器とガラスオブジェ、ミラーを買い付けました。

    旅先で気に入ったアンティークを少しずつ集めていくのがとても好きです。

  • 2016年8月アンティーク買い付けブログ
  • イギリスへアンティーク買付けに!可愛いB&Bに宿泊してます。vol.1

    イギリスアンティーク買付け

     

    こんにちわ。maltoアンティークバイヤーのショコラです。
    本日より3週間のイギリス・フランスのアンティーク買付けの旅に来ております。

    個人的にはイギリスの8月が一番快晴で気温も心地よく、日も長く大好きな季節です^^

    今回は初のイギリスでドライブです。車の運転は元々好きなのですが、海外で運転するのは初めて。
    乗りなれたホンダ車をレンタカー予約したはずなのに、良いのか悪いのかなんと当日になって変更されてベンツが出てきました。ウーン。運転慣れした日本車がよかったのに、なぜにベンツ。ドキドキ。。ますます運転が心配に。
    でも初ベンツはすごーく乗り心地がよくて(シートが本革だから??)大好きになって帰国しました。
    さすが高級車おベンツですね。

    本来の道路交通はイギリスから日本へやってきたため、イギリスでも右ハンドルの車と左走行と日本と類似している点が助かるのですが、
    今回のドライブで最も苦労したのが、

    roundabout

    この「Roudabout(ラウンドアバウト)」と呼ばれる、信号のない円形の交差点。
    左から侵入してくる車が優先で、タイミングを計って中に入り、またタイミングを計って行きたい道へ出るのですが、
    これに慣れてないショコラは、延々とこの円内を走ってました(笑)
    もはや抜け出せないラウンドアバウト地獄。

    途中何度もクラクション鳴らされたり(基本イギリス人ドライバーは紳士的な走りですが)
    トラウマになってしまいました。もうこのせいで神経使ってグッタリです。

    ただ、慣れると信号待ちの渋滞もないし、すごく合理的だなと思いました。衝突事故は多いかもしれませんが。

    ロンドンを出発して目指すはイギリス北部のマンチェスター!
    サッカーで有名な町ですね。でもショコラはサッカー無興味なので素通り。
    休憩含めて7時間の長時間ドライブとなりました。

     

    宿泊するのはマンチェスター郊外の牧場の中に佇む小さなB&B。

    オーナー女性のこだわりと美的センスが光るとーっても可愛いB&Bです!
    なんと、オーナー自らがDIYして作り上げたようです。
    元々は牧場主の古民家だったようで、今では素敵なB&Bと、馬小屋はガレージに生まれ変わっています。

     

    イギリスB&B

     

    車で到着し、まずはチェックイン。

    晴れていたため中庭に案内されて、素敵なアンティークシルバーティーセットでお迎えしてくれました。
    トーストにジャムとバターを塗ったお菓子も美味しかったぁ。

    シルバー好きのショコラ。早速観察してみると。。このティーセットはロンドンで作られた純銀製!!

    スターリングシルバーと呼ばれ、99%以上の銀のみで作られた、非常に高価なアンティークなのです。
    イギリス製のトレードマークはライオンの刻印。数ミリほどの大きさで目立ちませんが下のミルクジャグに映っております。

    これがスコットランドだとお城のマークだったり、アイルランドだと国民が愛するのハープだったり(アイルランド人は音楽が好きです)、刻印の歴史も様々でユニークです。

     

    アンティークミルクジャグ

     

    それにしても美しい輝きで、本場イギリスのティーを美味しくいただける贅沢な時間でした。

    maltoでもアンティークシルバーテーブルウェアを通販してます(2,800円~)→

     

    気が付いたら中庭をぼーっと眺めながら30分もマッタリしてしまいました(笑)

     

    イギリスB&Bの中庭

     

    緑の濃い芝生がフカフカで気持ちいい中庭。

    公園ではないですよ、中庭ですよ。
    これは日本の家では実現難しいんだろうなぁ。特に手入れをしなくても一年中こんな感じらしいです。
    個人の中庭でこの広さうらやましいですね。
    とオーナーに言うと、この後で庭に植えた花一つ一つの説明を長時間されることに。フゥ

     

    看板犬

     

    この子はB&Bの看板犬エリック。ちょっと..初対面で無防備すぎじゃない?

    なんと中庭からショコラの客室まで着いてきました。
    なでろ攻撃が激しく、なかなか部屋から出て行ってくれない。困ったな。

    この後エリックは客室に入っているところをオーナーに見つかり怒られてました(笑)

     

    一部屋2名宿泊できて8000円の宿でしたが、素晴らしいインテリアと中庭とひとなつっこい犬のいるB&Bでした。
    朝食も美味しかったです^^

    近くにはスーパーもコンビニもなく、小さな地元のパブが一軒あるだけ。
    もちろんお客さんは皆地元の常連客ばかり。
    何もない自然の中のB&Bだけど、周りが全て牧場や丘で静かにゆっくりとした時間が過ごせます。
    運がよければ野生のシカやウサギ、キツネやハリネズミも散歩途中に出会えます。

    車でしか行けないところですが、海外初ドライブのショコラでも問題なくたどり着けました。
    ツアーの旅だけでなく、ぜひBooking.comやHotels.comなどのサイトを利用して、
    郊外のB&Bやプチホテルに泊まってみることをオススメします。
    旅の醍醐味が味わえますよ^^